カメラのこと写真のこと機材のこと

パパのカメラライフ

周辺機材

自宅物撮り用に背景布とスタンドで簡易セットを組む

更新日:

自宅物撮り用に背景布とスタンドで簡易セットを組む

ブログ用の物撮り写真を自宅で撮影する際にいつも悩んでいたのが、撮影時に写り込む背景でした。自宅で撮影していると背景に家具や生活用品などが写り込んでしまい、格好悪い写真になってしまうのです。

その問題を解決すべく、自宅物撮り用に背景布とスタンドを購入して簡易セットを組んでみました。

自宅で物撮りする際に写り込む背景をどうにかしたい

自宅で物撮りする際に写り込む背景をどうにかしたい

モデルルームのようなオシャレな部屋なら自宅だろうと問題ないのですが、我が家の場合はそんなオシャレな部屋ではなく生活感溢れた部屋のため、背景に写って良いような場所は1つとしてありません。

ボケやすい単焦点レンズを使って背景をボカしてある程度逃げることは出来ますが、背景にある物が美しくなければボケても美しくないわけです。

そんなわけで、背景を写さないために、いつも同じような角度から同じような画角で撮影するしかなく、斜め俯瞰から撮影した写真ばかりになってしまうのでした。

しかしそれだと写真に変化が出せないため、物撮り用に背景用の布とスタンドを買って、簡易セットを組んでみることにしました。

自宅物撮り用に背景布とスタンドを購入

自宅物撮り用に背景布とスタンドを購入

購入したのは背景用の布とそれを吊るすスタンドでAmazonで購入しました。購入したのは合皮生地MLZ 写真撮影 背景スタンドです。

一般的に家庭用の物撮り撮影キットと言えば、四角い50センチ各のキューブ状の撮影BOXを選択すると思いますが、背景色をいろいろと選びたかったことや、もう少し高さや幅のある大きな物を撮影する可能性があったので、自由にサイズの調整できるセットを組めた方が良いだろうという判断から、背景スタンドと背景用の布として合皮生地という選択になりました。

撮影用背景スタンド

家庭内物撮り用に背景スタンドと背景布とを購入

撮影用背景スタンドはできるだけコンパクトなものを選択しました。

本格的な撮影をしたいからというよりは、とりあえず背景をどうにかしたいというのが今回の目的なので、選んだ背景スタンドもシンプルでコンパクトなサイズのもので、最低限の用途を満たしてくれるものです。

購入したパーツに付属していたものは脚部と横棒とクリップだけでかなりシンプルです。

クリップ

クリップ

クリップはいかにも粗悪な中国製で100均に置いてあっても不思議ではないレベルのものです。本格的な仕事で使うにはちょっと・・・という品質ではありますが、本格的な仕事で使うクリップ一個分で買えてしまう背景用スタンドに品質を求めてはいけません。

これに背景用に買った生地を挟す。スタンドに生地を固定できて背景を気にせずに撮影出来るようになる、というわけです。

合皮生地

合皮生地

背景用の布に選択したのはブラックレザー調の合皮です。センチ単位の購入になるので130cmの長さで購入しました。幅は120cmです。

布だとシワになったりするのでボードの方が撮影はしやすいと思いますが、収納の事を考えると巻いて立て掛けておける布の方が家庭内での撮影では便利が良いと思います。

背景イメージ

背景イメージ

背景スタンドに背景用の布をセットすると上記の写真のような背景が出来上がります。セットを作るのに必要な時間は1〜2分程度で非常に楽にセッティングできます。もちろんライティングなども必要になるので撮影できるようになるにはもう少し時間が必要ですが、僕の用途としてはそこまでこだわらないので十分な感じです。

家庭内物撮り用に背景スタンド

サッカーボール程度の大きさの物であれば問題無く撮影できます。
背景で頭を悩ませることが無くなったので、非常に撮影が楽しくなりました。

家庭内物撮り用に背景スタンド

今までは背景が写ってしまうのを避ける為になかなか撮影ができなかった、水平レベルからのアングルでも撮影出来るようになり、構図もいろいろな変化が付けられるようになりました。

ライティングに関しては今後考える必要があると思いますが、これだけでも随分それっぽい写真が撮影できるようになったのも嬉しいポイントです。

その後、合皮レザー調の背景だけでは変化がつけられないので、木目調やレンガ、コンクリート調などの壁紙を追加購入しました。簡易撮影BOXだと背景に変化をつけられないですが、撮影スタンドを使用した方法だと撮影物に応じて背景に変化を付けられるのが良いですね。

-周辺機材

Copyright© パパのカメラライフ , 2019 All Rights Reserved.