本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Leofoto インスパイア

Leofoto レベリングベースLB-60NとRRS LEVELING BASE TA-U-LB

投稿日:

Leofoto レベリングベースLB-60N

Leofoto レベリングベースLB-60N

Leofotoのレベリングベース。

撮影時に三脚でできるだけ水平を出すのは基本ではありますが、三脚だけで水平を出すのは脚の伸縮を調整しながらなので、面倒なのが実際のところです。

自由雲台を使用しても、カメラの水平出しは簡単にできますが、雲台のベース部分で水平を出すわけではないので、パノラマ撮影など、カメラの水平をキープしたままパンニングさせるような撮影では機能しません。

台座から水平を出したい場合には、レベリングベースを使用すれば簡単に水平が出せるようになります。

Leofoto レベリングベースLBシリーズ


Leofotoのレベリングベースは台座部分の径の大きさが異なったモデルが複数存在します。

いずれも、黒くアルマイトされたパーツとシルバーでアルマイトされたパーツのコンビネーションが、なかなかカッコ良いデザインです。

LB-60N

台座直径: 60mm
高さ: 50mm
耐荷重量: 15kg
重さ: 206g

created by Rinker
leofoto
¥13,860 (2024/05/21 10:09:54時点 Amazon調べ-詳細)

LB-65

台座直径: 65mm
高さ: 53mm
耐荷重量: 18kg
重さ: 234g

LB-75

台座直径: 75mm
高さ: 59mm
耐荷重量: 25kg
重さ: 322g

LB-75S

台座直径: 77mm
高さ: 59mm
耐荷重量: 25kg
重さ: 346g
システマチック三脚用

参考 Leofoto レベリングベース

旧モデル LB-66

旧モデル LB-66

現行モデルのレベリングベースはデザインも良く、質感も良い感じではありますが、Leofotoには、初期の頃からあるLeofotoのレベリングベースはLB-66も存在します。

僕はこのレベリングベースを持っていますが、お世辞にも品質が良いとは言えない、いかにも中国製品らしい品質で、類似した製品が他メーカーからも多数見つかるような、典型的なOEM的な製品でした。

詳しくは下記の記事で解説していますので興味のある方は是非、お読みください。

【Leofoto】ハーフボールレベリングベースLB-66購入レビュー

とにもかくにも、この何の変哲もない中華品質丸出しの雲台から一気に飛躍して、デザインも品質もアップしたレベリングベースは、Leofotoの製品の中でもとても魅力的な製品の一つです。

参考 LB-66
参考 LB-60N LB-65
参考 LB-75 LB-75S

RRS ユニバーサルレベリングベース TA-U-LB

RRS ユニバーサルレベリングベース TA-U-LB

RRSのユニバーサルレベリングベースのTA-U-LBです。

Leofotoのレベリングベースと同じく、三脚ネジ穴の着いたフラットベースにレベリングベースが付属したタイプで、バタフライ型のレバーが独特ですね。

デザイン的にもLeofotoのレベリングベースとよく似ています。

KIRK Kirk TLB-1 Leveling Base

KIRK Kirk TLB-1 Leveling Base

RRSのレベルンベースがリリースされた後に、Kirkからもレベリングベースが発売になりました。

KirkのレベリングベースもRRSの製品によく似ているので、三脚の形がどのメーカーでも似ているのと同様に、雲台の形が似てしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

Leofotoのレベリングベースは、RRSとKirkの二つのメーカーの製品を合わせたようなデザインですね。

参考 Leveling Base with 3/8-16 mounting stud

-Leofoto, インスパイア

Copyright© 写真を趣味にする人のブログ , 2024 All Rights Reserved.