中国の三脚・雲台メーカー 中国写真機材メーカー・ブランド

【機材メーカー】SUNWAYFOTO(サンウェイフォト)についての情報|三脚・雲台

更新日:

SUNWAYFOTO

SUNWAYFOTO

中山晟崴摄影器材有限公司
广东省中山市三乡镇平南村金台路8号C栋C201、C202号
設立 2008年?
http://www.sunwayfoto.com/
http://sw.top-sen.net/

SUNWAYFOTOの基本情報

設立年度について

設立年度の情報は複数あり、2004年、2009年という情報もあれば、公式サイトでは2008年になっていたりします。

また、会社の登記情報を見ると2018年になっていたりで、このあたりは会社の複雑な歴史が関係しているのではと思います。

SUNWAYFOTOが登場した当初BENROやSIRUIなどしかなかった中国メーカーの中で、高品質路線で出てきたメーカーです。

謝氏と馬氏

SUNWAYFOTO初期は現在の社長である謝氏と、後にMARSACEやBuddiesmanを立ち上げる馬氏によって運営されていたようですが、途中から馬氏がSUNWAYFOTOを離れています。

詳しい経緯はわかりませんが、馬氏がその後展開したMARSACEやBuddiesmanは高品質路線を引き継いでいるのに対して、現在のSUNWAYFOTOは格安で幅広い商品展開をしているので、元々の高品質路線は馬氏で、謝氏はどちからとえばビジネスマン的な考えのもと会社を運営していたのではないかと思います。

中国の低重心雲台の先駆け

中国の機材メーカーの中ではいち早く低重心タイプの自由雲台を展開していたことでも知られています。通常、雲台を製造する会社は三脚も手掛けることが多いですが、SUNWAYFOTOは三脚はあまり積極的に手掛けていない感じです。

最近は格安で幅広い製品展開

現在では写真関連の周辺機材やアクセサリーなどを安価な価格で多岐にわたって製品展開しています。早い段階から自社製品を製造メーカーなので、中国メーカーにありがちなOEM製品ばかりということは無いのではと思いますが、それっぽい製品が最近は多いですね。

余談ですが、SUNWAYFOTOのロゴは日本産業規格のJISの旧マークを90度時計回りに傾けるとそっくりになります(笑)

参考 中山市晟崴摄影器材有限公司
参考 晟崴|Baidu百科

SUNWAYFOTOの商品の購入について

天猫
AliExpress

B&H

日本の場合

日本での購入はAmazon他でも購入できますが、正規代理店はサイトロンジャパンです。

参考 サイトロンジャパン

SUNWAYFOTOの関連会社

SUNWAYMAN

SUNWAYMAN

LEDライトなどを扱うSUNWAYMAN(深圳市鑫辉光电有限公司)は関連会社のようでSUNWAYFOTOと同じロゴを使用しています。
またSUNWAYFOTOの社長である谢氏が監事を務めるなどしているようです。

http://www.sunwayman.com
深圳市宝安区西乡街道富华社区宝运达物流中心信息大厦812

SHINEWEE

SHINEWEE

写真機材メーカーの一つであるSHINEWE(中山市尚唯摄影器材有限公司)とも関連があるようで、谢氏が監事を務めているようです。

www.shinewee.com
中山市三乡镇平南村金台路8号C栋C301号

ちなみに、SHINEWEEの社長である王氏は元々SUNWAYFOTOに所属していて、後にLeofotoなどとも関わりがあったという情報が中国の掲示板では見つけられます。

参考 谢善铭
参考 国内摄影器材附件新锐品牌发展野史

SUNWAYFOTOメモ

ギア雲台とその他のメーカー

GH-PRO Geared Head

ギア雲台
Photo via:http://sw.top-sen.net/goods-info/id/263.html

SUNWAYFOTOには二種類のギア雲台があります。
GH-PRO Geared HeadとGH-PRO Geared Head IIです。

現在日本国内で流通しているのはGH-PRO Geared Head IIがメインで、GH-PRO Geared HeadはAmazonで中国業者が販売しているくらいになります。

写真を見ればお分かりいただける通りでGH-PRO Geared HeadはアルカスイスのD4タイプのギア雲台です。

アルカスイスのD4タイプのギア雲台は日本ではLeofotoのG4が有名ですけど、実は中国メーカーで一番最初にアルカスイスのD4タイプのギア雲台を発表したのは恐らくSUNWAYFOTOで、2015年あたりには既に販売が開始されています。

LeofotoのG4と比べても2万円ほど安い3万9千円くらいの価格です。

参考 被埋没的神器 SUNWAYFOTO GH-PRO 齿轮云台 开箱及使用心得

Leofoto G4

Leofoto G4

LeofotoのG4は2019年に試験的に販売され、その後一旦製造中止になり2020年から正式に販売になっています。販売開始当初の価格は上記のSUNWAYFOTOの雲台と同じくらいの価格でしたが、再び販売されるようになってから価格が高くなってしまいました。

Leofoto G4のレビューはこちら

created by Rinker
leofoto
¥61,380 (2021/12/02 01:57:10時点 Amazon調べ-詳細)

Buddiesman GH4

Buddiesman GH4
Photo via:http://www.buddiesman.cn/en/pd.jsp?id=120

アルカスイスのD4タイプのギア雲と言えばBuddiesmanのGH4もありますね。

それぞれの雲台のデザインや販売時期が近いのは偶然の一致かもしれませんが、発売時期やそれぞれの社長やスタッフの関係や経歴を考えると、ややこしい事情があるような気がしますね。

参考 中国の写真機材ブランド Buddiesmanについての情報(三脚・雲台)

GH-PRO Geared Head II小型ギア雲台として格安

GH-PRO Geared Head II
Photo via:http://sw.top-sen.net/goods-info/id/264.html

SUNWAYFOTOの新しいギア雲台であるGH-PRO Geared Head IIは2020年から流通しはじめた雲台で、価格がギア雲台としてはかなり安い2万円台前半なので、ギア雲台に興味のある人には入門用としておすすめになるかと思います。

ポイントとしては調整用のノブが右側に集まっている点。
一長一短はあると思いますが、右手だけで調整ができるようになっています。

格安路線とともに影が薄くなる

いろいろな中国メーカーが登場してくる中で、SUNWAYFOTOは他のメーカーよりも長い歴史がある分、品質的にも安心できるところがありました。

しかし、格安路線になったことと、NEEWERに代表されるような格安ブランドが沢山出てきたことで、2020年あたりからは、SUNWAYFOTOの存在感がだいぶ薄れてきた印象です。

とは言え。他の格安メーカーと比べると、ちょっと品質が良さそうだったり、オリジナリティがある製品を少なからず展開している分、有象無象の格安メーカーよりは強みはあると思います。なので、SUNWAYFOTO GH-PRO II のように需要のあるところで格安な製品を出し続けてくれればと期待しています。

関連記事

中国の写真・動画機材メーカーやブランドについてまとめています。

TILTA

Tilta

Tilta

7artisans

Zhiyun

Apture

Godox

-中国の三脚・雲台メーカー, 中国写真機材メーカー・ブランド
-, , , , , ,

Copyright© 写真を趣味にする人のブログ , 2021 All Rights Reserved.