カメラのこと写真のこと動画のこと三脚雲台機材のこと

写真を趣味にする人のブログ

中国のレンズメーカー 中国写真機材メーカー・ブランド

【機材メーカー】DZOFiLMについての情報|シネマレンズ

更新日:

DZOFiLM

DZOFILM

深圳市东正光学技术有限公司
深圳市龙岗区爱联街道中粮祥云2A2106
設立 2013年
ブランド設立 2019年
http://en.dzofilm.com/
https://dzofilm.co.uk/
facebook

基本情報

DZOFiLMはシネマレンズのブランド
会社はマシンビジョン用のレンズを製造する深圳市东正光学技术有限公司(DZOptics,简称DZO。)
https://www.dzoptics.com/

新興シネマレンズブランド

シネマカメラのREDを意識したような、ちょっとカッコ良いデザインのレンズを出したりしているブランドです。

50万円を超えるような価格が当たり前のシネマレンズにおいて、20万円前後の格安な価格で展開していることもあり、インターネットでも多く見かけることのある勢いを感じさせる中国メーカーの一つです。

製品ラインナップ

Linglung

Linglung
Photo via:http://en.dzofilm.com/linglung.html

マイクロフォーサーズ用 20-70mm ズームレンズ

http://en.dzofilm.com/linglung.html

PICTOR ZOOM

PICTOR ZOOM
Photo via:http://en.dzofilm.com/goods/pictorzoom.html

スーパー35/APS-C用 ズームレンズ
20-55mm
50-125mm

http://en.dzofilm.com/goods/pictorzoom.html

VESPID PRIME

VESPID PRIME
Photo via:http://lens.dzofilm.com/en/vespid-prime.html

フルサイズ用 プライムレンズ

http://lens.dzofilm.com/en/vespid-prime.html

製品の購入について

メーカーからの直販はしていないようで、基本的には各国の代理店から購入するというシステムを取っているようです。
有名所ではB&HやAdramaなどでも購入できます。

価格も安いことから「映画を趣味で撮ってみたい」「映画のような独特な映像にしたい」と考えるライトユーザーに上手く照準が合っているような気がします。

日本での購入

日本の代理店はSystem5。

海外価格と国内価格はそれほど大きな差はないようなので、購入したい場合は代理店経由で購入した方が安心かと思います。

参考 → DZOFilm|System5

DZOFiLMメモ

注目したいシネマレンズブランド

製造するという視点から考えるとレンズは三脚などよりも製造のハードルが高いため、いくら中国と言えども下地かバックグラウンドが無い限りはそうそう大きなレンズは造れないものと思います。

DZOFilmは2019年くらいから「ポッ」と出てきた感のあるブランドでしたが、調べてみると下地として産業用カメラなどで使用される特殊なレンズを製造しているメーカーということで、けして「ポッ」と出ではなくて納得です。

メーカーからすれば産業用の製品は定番として需要はあるものの、どちらかと言えば地味な分野なので、技術力やブランドを高めるために華やかなシネマ方面への進出を考えるメーカーもあるのですよね。

もちろん産業用と映画用では同じレンズという括りであっても全くフィールドが異なりますから、いくらレンズ会社としての下地があったとしてもそう簡単に進出できる世界ではないとは思われます。

しかしながら、DZOFILMはその立ち上げからわずか数年で、それなりに見かけるくらいに認知度も高まっている感じで、上々なスタートを切ったのではないかと思われます。

中国メーカーとしては珍しくデザインもカッコ良いというところが大きいかと思います。産業用のレンズメーカーなどは、基本的にBtoBの取引しかしないので、パッケージとかデザインとかは後回しだったり、気に留めないことも多いですけど、その点DZOFiLMしっかりとブランディングされているところが成功のポイントでしょうか。

このように中国メーカーに見えないようなデザインで成功しているメーカーも増えているので、今後も多くのメーカーが同様に性能だけではなく製品のデザインにも力を入れるようになるのではと思います。

その他

VRレンズ
Photo via:https://www.dzoptics.com/en/vr-lens/vr-lens1

DZOpticsのページを見るとVRレンズと呼ばれる魚眼レンズが2種類掲載されています。

魚眼レンズは標準レンズなどに比べると独特なので、スペックで調べると該当するレンズがすぐに見つかったりするのですが同様のレンズの情報が出てこないので、レンズ単体として販売されたものではなく360度カメラ用に開発されたレンズかもしれませんね。

マイクロフォーサーズマウントのようなので一般販売されても売れそうな気がするんですけどね。

参考 → https://www.dzoptics.com/en/vr-lens/vr-lens1

また、Kerlee 35mm F1.2というフルサイズ用のレンズがあるのですが、こちらもDZOpticsの製品です。

参考 → https://www.facebook.com/kerlee2016/

関連記事

中国の写真・動画機材メーカーやブランドについてまとめています。

-中国のレンズメーカー, 中国写真機材メーカー・ブランド
-

Copyright© 写真を趣味にする人のブログ , 2021 All Rights Reserved.