Leofoto Leofoto 三脚

【Leofoto】三脚の全シリーズの特徴解説

更新日:

leofoto(レオフォト)

個人的には中国製品はあまり信用していないし購入することもほとんどありませんが、時々例外として中国製品らしからぬ高品質な製品を作るメーカーが出てきたりします。そんなメーカーの一つが三脚や雲台など写真用の機材を製造するleofoto(レオフォト)です。

僕がLeofotoの製品を購入するようになってからしばらく経ちますが、僕が購入する以前にも身の回りにはLeofotoを使用している周りのカメラマンが何人か居て「価格を考えればなかなか素晴らしい製品を作るメーカー」という感じで概ね高評価でした。

そこで、試しに購入したカーボン三脚が想像以上に高品質だったことから、すっかりお気に入りのメーカーになってしまいました。

そんなわけで僕の使用している三脚や雲台は基本的にleofotoで統一されています。

今現在も、何か必要な写真機材があれば、まずleofotoの製品で該当する機材はないかを確認するようになっているのですが、Leofotoの特徴として異常なペースでの新製品を発表していくスタイルなので、僕が購入し始めた頃に比べるとLeofotoのラインナップもかなり増えている感じです。

現在ではあまりに製品が多く、用途や特徴ごとに細かくジャンルが枝分かれして複雑になっているので、「どのシリーズがどの目的に適しているのか?」ということについて悩むことも多くなってきましたし、相談を受けることも多くなってきました。

そこで、Leofotoの製品についてより深く理解したいという気持ちから、leofotoの三脚や雲台についての基本的な情報をまとめてみようと思います。

なお、本家のサイトを参照してまとめているので、日本国内で取り扱いの無いものもあるかと思いますが。その点はご承知おきの上、情報をご確認いただければ幸いです。

Leofotoの三脚

Leofotoの三脚の品番の基本

leofotoの三脚の品番の基本Photo via:https://www.leofoto.com/

leofotoの三脚の特徴や仕様は品番からある程度読み取ることができます。

品番の先頭の二文字はシリーズの区分
真ん中の3文字のうち、先の二文字は三脚の脚の最大経のサイズ、右側の一文字は段数
末尾のCの部分は付属品の違いなどを表します。

例えば上記のLS-324Cの場合

LS: レンジャーシリーズ
32: 脚の最大経が32mm
4: 関節が4段
C: 通常モデル

という感じになります。

シリーズとモデル

シリーズ(系列)

LS:レンジャーシリーズ
LM:サミットシリーズ
LQ:Mr.Qシリーズ
LP:ポセイドンシリーズ
LX:アーバンシリーズ
LN:マウンテンシリーズ / アーマーシリーズ / ハイカーシリーズ

モデル

C:通常モデル
CL:長脚モデル
CVL:水平ポール サイドアーム付き
CEX:水平レベラー付き
CM:軍用規格
CT:センターポール付き
CH:センターポールを取り外せる機構

Ranger Series レンジャーシリーズ

Ranger Series レンジャーシリーズ
Photo via:https://www.leofoto.com/

レンジャーシリーズはLeofotoのラインナップの中では中心的な三脚で品番の頭にLSが付きます。

センターポールレスに割り切った三脚で、軽量さとスリムさが最大の特徴です。

一般的なセンターポールのある三脚と比べると折りたたんだ際の径が小さくて場所を取らないので、バッグやケースの中に収納しやすく携行性の高い三脚として、現在の中国の三脚の最もスタンダードなデザインにもなっています。

Ranger Series レンジャーシリーズのラインナップ

LS-223C 最大高 310mm / 収納時 200mm / 耐荷重量 10kg
LS-223CEX 最大高 317mm / 収納時 220mm / 耐荷重量 5kg
LS-224C 最大高 1615mm / 収納時 470mm / 耐荷重量 6kg
LS-225C 最大高 1165mm / 収納時 475mm / 耐荷重量 6kg
LS-225CEX 最大高 1400mm / 収納時 449mm / 耐荷重量 4kg

LS-253CM 最大高 690mm / 収納時 390mm / 耐荷重量 13kg
LS-254C 最大高 1575mm / 収納時 520mm / 耐荷重量 8kg
LS-255C 最大高 1470mm / 収納時 520mm / 耐荷重量 8kg
LS-255CEX 最大高 1400mm / 収納時 450mm / 耐荷重量 6kg

LS-283CM 最大高 690mm / 収納時 390mm / 耐荷重量 15kg
LS-284C 最大高 1590mm / 収納時 535mm / 耐荷重量 10kg
LS-284CVL 最大高 1545mm / 収納時 500mm / 耐荷重量 10kg
LS-284CEX 最大高 1566mm / 収納時 626mm / 耐荷重量 10kg
LS-285C 最大高 1460mm / 収納時 520mm / 耐荷重量 8kg
LS-285CEX 最大高 1468mm / 収納時 476mm / 耐荷重量 8kg

LS-323C 最大高 1520mm / 収納時 650mm / 耐荷重量 20kg
LS-324C 最大高 1390mm / 収納時 570mm / 耐荷重量 15kg
LS-324CEX 最大高 1611mm / 収納時 651mm / 耐荷重量 15kg
LS-325C 最大高 1528mm / 収納時 545mm / 耐荷重量 12kg
LS-325CEX 最大高 1465mm / 収納時 485mm / 耐荷重量 10kg

参考 Leofotoのカーボン三脚 LS-323C購入レビュー

created by Rinker
leofoto
¥26,000 (2021/10/18 07:14:53時点 Amazon調べ-詳細)

LS-362C 最大高 350mm / 収納時 260mm / 耐荷重量 45kg
LS-364C 最大高 1480mm / 収納時 540mm / 耐荷重量 25kg
LS-365C 最大高 1520mm / 収納時 480mm / 耐荷重量 20kg
LS-365CEX 最大高 1555mm / 収納時 515mm / 耐荷重量 25kg

最適な雲台サイズ

雲台のサイズはどのサイズでも互換性がありますが、太いベースに対して小さな雲台や、細いベースに対して大きな雲台を取り付けると不格好になってしまうため、雲台を選ぶ際にはサイズも気にした方が良いと思います。

基本的な耐荷重量は三脚のサイズと雲台のサイズが揃っていればバランスが良くなるようになっている感じですが、実物を見ないとなかなか判断が難しいと思うので、下記の記事でまとめています。

参考 Leofotoの三脚と雲台の組み合わせとサイズ感の検証

Summit Series サミットシリーズ

Summit Series サミットシリーズ
Photo via:https://www.leofoto.com/

ヘッド部分をハーフボウルレベラーやエレベーターに対応させられるモジュラー式三脚で品番の頭にはLMが付きます。

マウント部分のパーツを付属のハーフボールアダプターやセンターポール付属アダプターに交換ることで、用途に応じて三脚を使い分けることができるようになります。いわゆるGITZOのシステマティックタイプの三脚です。

Summit Series サミットシリーズのラインナップ

LM-323C 最大高 1400mm / 収納時 610mm / 耐荷重量 25kg
LM-324C 最大高 1420mm / 収納時 520mm / 耐荷重量 25kg
LM-324CL 最大高 2020mm / 収納時 678mm / 耐荷重量 25kg

LM-362C 最大高 370mm / 収納時 270mm / 耐荷重量 45kg
LM-363C 最大高 1350mm / 収納時 595mm / 耐荷重量 35kg
LM-364C 最大高 1450mm / 収納時 530mm / 耐荷重量 30kg
LM-364CL 最大高 1700mm / 収納時 598mm / 耐荷重量 30kg
LM-365C 最大高 1540mm / 収納時 490mm / 耐荷重量 25kg

created by Rinker
leofoto
¥72,000 (2021/10/18 07:14:54時点 Amazon調べ-詳細)

LM-402C 最大高 415mm / 収納時 298mm / 耐荷重量 50kg
LM-404C 最大高 1780mm / 収納時 630mm / 耐荷重量 40kg
LM-404CL 最大高 2135mm / 収納時 720mm / 耐荷重量 40kg
LM-405C 最大高 1656mm / 収納時 530mm / 耐荷重量 30kg

Mr.Qシリーズ

LQシリーズ Mr.Qシリーズ
Photo via:https://leofoto.com/products_detail.php?id=417

Leofotoが2020年に発表した新しいフラッグシップモデル。
モジュール式のシステマティック三脚でありながら、スリム化を実現した新しいタイプの三脚です。

APEX部分の形状がQに似ていることからMr.Qと名付けられたようで、製品名にはLQが付けられています。

LQ-284C 最大高 1290mm / 収納時 540mm / 耐荷重量 10kg
LQ-324C 最大高 1395mm / 収納時 580mm / 耐荷重量 15kg

Poseidon ポセイドンシリーズ

Poseidon ポセイドンシリーズ
Photo via:https://leofoto.com/list.php?cateid=153

Leofotoの防水三脚として2021年に発表された新しい三脚。
スパイク部分にチタンを採用したり、防水、防砂仕様で海での使用でも問題を少なくした三脚です。

かつてGITZOにオーシャンと呼ばれるモデルがありましたが、既に廃番になっているため、待望の防水三脚の登場は喜んだ人も多いと思います。

青くペイントされた脚も特徴的でとてもカッコ良いですよね。

● LP-284C 最大高 1290mm / 収納時 540mm / 耐荷重量 10kg
● LP-324C 最大高 1395mm / 収納時 580mm / 耐荷重量 15kg

Urban Series アーバンシリーズ

Urban Series アーバンシリーズ
Photo via:https://www.leofoto.com/

一般的な三脚と同じセンターポールが備わった三脚で、昔から写真を撮っている人にとっては一番馴染みのあるタイプの三脚だと思います。品番の頭にはLXが付きます。

状況や用途を選ばず使用できるオールラウンダーなモデルと思えば良いでしょう。

収納時は三脚の脚が180度曲がるのでセンターポールを折りたたんだ三脚の中に収めることが出来てコンパクトに収納できます。

Arban Series アーバンシリーズのラインナップ

LX-224CT 最大高 1300mm / 収納時 365mm / 耐荷重量 12kg
LX-254CT 最大高 1610mm / 収納時 445mm / 耐荷重量 8kg
LX-255CT 最大高 1390mm / 収納時 355mm / 耐荷重量 10kg
LX-284CT 最大高 1660mm / 収納時 460mm / 耐荷重量 10kg

LX-324CT 最大高 1715mm / 収納時 480mm / 耐荷重量 15kg

Mountain Series マウンテンシリーズ

Mountain Series マウンテンシリーズ
Photo via:https://www.leofoto.com/

サミットシリーズと同じシステマティック三脚でヘビーユースにも耐えられるような強固さが特徴です。品番にはLNが付きます。

LN-404Cに至っては直径40mmの極太三脚で1800mmという高さがありながら耐荷重50kgという強烈な強度を誇る三脚です。

Mountain Series マウンテンシリーズのラインナップ

LN-324C 最大高 1500mm / 収納時 450mm / 耐荷重量 25kg
LN-364C 最大高 1500mm / 収納時 580mm / 耐荷重量 35kg

LN-404C 最大高 1800mm / 収納時 700mm / 耐荷重量 50kg

Armor Series アーマーシリーズ

Armor Series アーマーシリーズ
Photo via:https://www.leofoto.com/

マウンテンシリーズをアーバンシリーズの仕様にしたと思われるようなモデルがアーマーシリーズです。品番にはマウンテンシリーズと同じLNが付きます。

最大の特徴は三脚のうちの一本が取り外し出来て、一脚として使える点です。

Armor Series アーマーシリーズのラインナップ

● LN-254CT 最大高 1500mm / 収納時 553mm / 耐荷重量 10kg
● LN-284CT 最大高 1550mm / 収納時 567mm / 耐荷重量 15kg

● LN-324CT 最大高 1660mm / 収納時 595mm / 耐荷重量 20kg

Hiker Series ハイカーシリーズ

Hiker Series ハイカーシリーズ
Photo via:https://www.leofoto.com/

マウンテンシリーズの三脚を踏襲しつつ、センターポールを取り外しできる機構になっている三脚です。品番にはマウンテンシリーズと同じLNが付きます。

Hiker Series ハイカーシリーズのラインナップ

LN-284CH 最大高 1578mm / 収納時 550mm / 耐荷重量 20kg

LN-324CH 最大高 1631mm / 収納時 570mm / 耐荷重量 25kg

三脚用アクセサリー

Leofotoは三脚をカスタムするためのアクセサリーも充実していてるのでその一部を紹介します。

センターポール

センターポール
Photo via:https://www.leofoto.com/

レンジャーシリーズなどセンターポールの無い三脚の高さを補うためにセンターポールが別売で用意されていて20cm~32cmの延長ができるようになります。

DC-404Cはストッパー付きでサミットシリーズ、マウンテンシリーズ、ハイカーシリーズなどでセンターポールとして使用できるポールです。

● DC-222C 耐荷重量 8kg
● DC-252C 耐荷重量 12kg
● DC-282C 耐荷重量 16kg
● DC-322C 耐荷重量 20kg
GC-364C LM-36シリーズ用ギアセンターポール
DC-404C
GC404C LM40シリーズ用ギアセンターポール

石突き

石突き
Photo via:https://www.leofoto.com/

用途やシチュエーションに応じた様々な形状の石突きがあります。

SC-80 / SC-50: サクションカップ
TFS:ボールタイプの脚長石突きで。
TFC:王冠のような形状の金属製石突

カップとベース

カップとベース
Photo via:https://www.leofoto.com/

サミットシリーズ、マウンテンシリーズ、ハイカーシリーズなどで使用できるマウント部分のカップとベースです。基本的には三脚購入時に含まれているものになると思います。

● B-100 B-75 B-60:ハーフボウルレベラーを使用するためのカップ。75mmがスタンダードサイズ。
● BA-100:1/4"スクリュー突きのマウントベース

テーブル三脚・ミニ三脚


Photo via:https://www.leofoto.com/

Leofotoのミニ三脚はコンパクトながら高剛性というだけでなくデザインも良く、レビューなどを見てもとても評価が高いです。

特におすすめなのはMT-03でミニ三脚ながら脚は折りたたみ式になっていて、様々な形に変形させられるのが特徴のミニ三脚でLeofotoと言えばこのMT-03と思えるくらいの代表的なテーブル三脚です。

僕自身もこの三脚を持っていますが、質感や使い勝手などかなり満足度の高い三脚です。

MT-03 最大高 186mm / 収納時 145mm / 耐荷重量 3kg
● MT-02 耐荷重量 5kg
● MT-01 耐荷重量 6kg

自由雲台をセットにすると使い勝手がさらにアップします。
テーブル三脚にはコンパクトな下記の雲台がおすすめです。

● MBC-20 / MBC-18
MBH-19 小型自由雲台
LH-25 ボールヘッド雲台
MTB-19

関連記事

Lefoto(レオフォト)の製品に関する情報は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

TILTA

Tilta

Tilta

7artisans

Zhiyun

Apture

Godox

-Leofoto, Leofoto 三脚

Copyright© 写真を趣味にする人のブログ , 2021 All Rights Reserved.