カメラのこと写真のこと動画のこと三脚雲台機材のこと

写真を趣味にする人のブログ

Fujifilm レンズ

Fujifilm ズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS購入レビュー

更新日:

フジフィルムXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを保育園の運動会用に購入

保育園に通う子供の運動会の撮影用に中望遠ズームレンズを購入しました。購入したのはフジフィルムの中望遠ズームレンズであるFUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISです。

中望遠ズームのFUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISを購入した理由や選択のポイント、そして実際に保育園の運動会で使用してみた感想などについて書いています。

子供の運動会用に中望遠ズームレンズのフジフィルムXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを購入

FUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

僕がフジフィルムのカメラ用に所有しているレンズは35mm(フルサイズ換算で約50mm)の標準単焦点レンズのXF35mm F1.4 RとキットレンズであるXF18-55mm F2.8-4 R LM OISの二本でした。

子供とお出かけした際のスナップ撮影に使用するのがメインのカメラの用途なので上記のレンズがあれば特に困ることもなかったのですが、いろいろと思うような写真を撮影しようと思うとまだまだレンズが欲しいのが正直なところでした。

どちらかと言えば狭い場所での撮影で困る事も多かったので、中望遠ズームレンズよりも、広角単焦点のXF14mm F2.8XF16mm F1.4R WRあたりを買い足そうと考えていました。

運動会には望遠レンズが必要

しかし、気が付けば運動会の季節

昨年の運動会はキットレンズのXF18-55mmで臨んで、ある程度必要な写真は撮れましたが、やはりフルサイズ換算でマックス80mmの焦点距離だと全然足りません。

保育園の小さな園庭ですら子供をアップで撮れるのはよっぽど接近してきた時くらいで、迫力の有る運動会の写真を撮るにはもっと焦点距離の長い望遠系のレンズが必要だと判っていたので、広角単焦点レンズは後回しにして、近々に必要となる中望遠レンズを優先して購入することにしたのでした。

フジフィルムXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを選んだ理由

子供の運動会用に中望遠ズームレンズを選んだポイント

FUJIFILMのレンズで100mmを越える望遠域のレンズは何本かあります。その全てをピックアップして比較検討して、最終的にXF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISを購入することに決めました。

手頃な価格

個人的にはレンズは良いものを買っておけば間違いない的な考え方をしていたりするので、特に予算は考えずに気に入ったレンズがあればどれでも購入してみようと決めていましたが、結局はXF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISの手頃な価格も購入する決め手の1つとなりました。

FUJIFILMレンズ価格

フジフィルムのXFシリーズで焦点距離が100mmを超えるレンズは購入当時で下記のラインナップでした。


● XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 93,000円

● XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II 53,000円
● XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR 124,000円
● XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR 218,000円
● XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR 281,000円

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIは50mm−230mmまでカバーして、さらに最安なレンズだったので魅力的なレンズで最後まで悩みましたが、なるべく良いレンズを買いたいという考えがあったので、廉価版のXC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIは見送ることにしました。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRとXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRはXFシリーズでも高品質を謳うレッドバッジシリーズなので、とても魅力的ではありましたが、価格がかなり高くなってしまうこともあり、候補落ちとなりました。

結果としてXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISとXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OISとの比較になりましたが、焦点距離が長いXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISい決定となりました。

手頃なサイズと重量

僕の写真の用途としては望遠レンズで撮影することはほとんどありません。撮影のほとんどは子供がメインなので望遠レンズは運動会や発表会の時に使うくらいになるだろうと考えました。

なのであまり持ち歩くことは考えていなかったので、レンズの重量はあまり気にしていませんでしたが、サイズに関しては大きなレンズは避けたいという考えがありました。

というのも、子供の運動会でカメラを持参する時に、あまり巨大なレンズを装着したカメラだと「やる気満々感」が出てしまうため、それを避けたかったのです。

望遠レンズは大きなレンズになってしまうのは仕方の無いところではありますが、なんとか許容出来る範囲の大きさというところでXF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISが小さすぎず大きすぎで丁度よい大きさと思えたのでした。。

FUJIFILMレンズの重量と大きさ


● XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS ø75mm×118mm-177mm 580g

● XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II ø69.5mm×111mm-177mm 375g
● XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR ø75.7mm×97.8mm-158mm 490g
● XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR ø82.9mm×175.9mm 995g
● XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR ø94.8mm×210.5mm-270mm 1,375g

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIは小さくて軽いのが魅力ではありましたが、画質を優先するために見送りました。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR ø82.9mm×175.9mm 995gとXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR ø94.8mm×210.5mm-270mm 1,375gに関してはかなり大きなレンズになってしまいます。

ちょうど良い焦点距離

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISは僕がすでに所有しているキットレンズである18mm-55mmと組み合わせて使用すると焦点距離の繋がりの良いというのも選択した理由の1つです。

とりあえずこのレンズを購入しておけば、広角域から望遠域までを2本のレンズでカバーできると考えたのでした。

F2.8通しという高性能なXF50-140mmF2.8 R LM OIS WRも魅力的でしたが、望遠レンズで考えた場合に140mmだとやや物足りなさがあり候補から外れました。

XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISのレビュー

開封

XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISが届いたので開封してみます。
レンズポーチと説明書や保証書、そしてレンズ本体がビニール袋に包まれて梱包されていました。

XF18-55mmとXF55-200mmの大きさ比較

大きさ比較

XF18-55mm F2.8-4 R LM OISとXF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISを並べて大きさ比較をしてみました。中望遠ズームなのでそれなりの大きさではありますがワイド端だと比較的コンパクトなレンズだと思います。

ズームにするとレンズの鏡胴が伸びるタイプのズームレンズです。

XF55-200mmのスペック

XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS仕様

XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISの仕様はその商品名からも判断することができます

LMはリニアモーター駆動による高速なAF合焦が可能になる機構が備わっていることを意味しています。OISは光学式手ブレ補正機構(4段分)付きのレンズという意味です。

贅沢を言えば運動会で使用することを前提にすると防塵防滴であるWRマークも欲しかったところですが、WR対応のレンズはいずれも焦点距離がもう一歩というところで断念しました。

保育園や小学校の行事での撮影は三脚を使用できないことが多いのと望遠レンズというところで手ぶれ補正機構が備わっているというのはレンズ選びの上で非常に重要なポイントになると思います。

レンズ外観

レンズの質感

レンズ全体の質感もなかなか良い感じです。所有欲を満たす感じは充分にあります。

レンズ正面

レンズの正面からの見た目です。
美しいですね。

62mm経のレンズ保護フィルター

レンズ保護フィルター

レンズを購入したら忘れずに一緒に購入したいのがレンズ保護フィルターです。今回は62mmのフィルターを購入しました。

運動会で使用する場合はホコリ対策として必須ですね。保護フィルターを購入する際にはサイズ間違いには注意してください。

レンズ保護フィルター

レンズ保護フィルターを装着してみました。
良い感じです。

レンズ保護フィルター

レンズ保護フィルターをした上からでもレンズキャップは嵌められます。

フジフィルムXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISで撮影した距離感

200mmでテスト撮影した結果

200mmで撮影した距離感

運動会の撮影の練習も兼ねて公園でフジフィルムXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを使用してテスト撮影してみました。

距離感覚としては、20mくらい離れた距離からテレ端の200mmで横位置で撮影して、画角に子供の全身が丁度収まるくらいのイメージです。

なので、カメラのCMで運動会を撮影したイメージでよく見かけるようなバストアップ写真などの躍動感のある写真は、少なくとも5メートルくらいの距離から撮影しないと撮れないことが判りました。

そこまでアップな写真を撮影するのは難しいかもしれませんが、保育園の運動会は園庭がそれほど大きくないことや、小学校の体育館を借りて行われたりもするので、それほど離れた場所から撮影することはまずないので、200mmでも十分だろうなという感じです。

運動会で使用してみた結果

運動会の写真

実際にXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを保育園の運動会で使用してみた結果は、距離的な不安はありましたが、なんとか用事は果たせた感じです。少なくとも去年の運動会でアップが撮影できなくて悔しい思いをした失敗を繰り返すようなことはありませんでした。

しかしながらXF55-200mmを使用したベストなショットと思われるバストアップレベルのアップ写真は5〜10メートルくらいの距離にいる時になると思いますから、子供が会場の反対側に居たりすると少し小さく写ることになります。なので、このレンズを運動会で使用できるのは保育園の運動会&発表会でギリギリかなと思います。

小学校になると校庭がぐーんと大きくなるのでベストポジションを選ばなければベストショットを望むにはちょっと物足りない焦点距離となりそうです。

運動会写真

とは言っても、55mm〜200mmと比較的レンジの広いレンズなので、ワイドな場合は会場の雰囲気の分る写真、アップの場合は子供が近くまで来ればバストアップくらいの写真が撮影できるので使い勝手は非常に良かったです。

もちろん運動会で必要な写真はアップだけではなく全身が入ったり、会場の雰囲気が判る程度に周りも写った方が良い場面も多いので保育園の運動会で使用するにはベストな焦点距離のレンズと言えるかもしれません。

ちなみに集合写真などはワイド端の50mmでも画角が狭過ぎて撮れませんでしたから、集合写真を撮ろうと思うと24mm程度の広角なレンズは用意しておいた方が良いと思います。

レンズの大きさ的にもXF55-200mm以上になるとやる気感が出てしまうのでギリギリかなという感じです。実際問題で他の父兄の方にはもっと大きなレンズを持ってきている人は何人か居たりしますが、全体的に見ればXF55-200mmでも大きなレンズの部類になるので「やる気ですね〜」という注目を浴びてしまうのは覚悟しないといけないでしょう。

来年の小学校はもう少し広くなるでしょうから、また新たなレンズを考える必要がありそうです。と言っても200mmの上はXF100-400mmになるので大きさよりも価格的なところで迷うところです。

ちなみに動体撮影ですが、オートフォーカスだとフォーカスが合うのに時間が掛かってしまってシャッターチャンスを逃してしまいがちです。あとF値もそれほど明るくはないので、雨天時に体育館などで運動会が行われた場合はシャッタースピードを確保するには感度を上げるしかないのが辛いところでした。もちろん日中屋外の晴天であれば問題ないと思います。

XF55-200mmは普段使いとしてはギリギリ許容できそうなサイズですから子供と一緒に公園に行く時にも持っていくことができます。子供から離れた場所から撮影できるので、カメラを意識させない自然な表情が撮れるのが素敵だと思いました。

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISのまとめ

● 人物撮影は5m〜10mくらいの距離でバストアップになる
● 保育園の運動会くらいなら使いやすい
● 小学校でもポジションが良ければ十分
● 屋外での子供の撮影だとカメラを意識しない自然な表情が撮れる
● フォーカスは遅くて不正確なので置きピンがおすすめ

最後に作例をいくつか掲載しておきます。
本当はもっと多くの作例を掲載したいところですが、結構ズームにできるためお友達の顔がしっかりと写ってしまうということもあり作例は少なめなのと、写真的にはあまり置くないものになっている点はご理解ください。。

関連記事

レンズに関する情報は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-Fujifilm, レンズ

Copyright© 写真を趣味にする人のブログ , 2020 All Rights Reserved.