カメラのこと写真のこと機材のこと

カメラ三脚機材でGo!

カメラバッグ・ケース

カメラバッグに見えないMouthのオシャレなカメラトートバッグ購入レビュー

更新日:

カメラバッグに見えないトートバッグタイプのオシャレなカメラバッグを購入しました

カメラバッグを探していました。いかにもカメラマン!というようなカメラバッグが苦手でなので、カジュアルなカメラバッグが欲しかったのです。

気軽に持ち歩けて普段使いでも浮かないような素敵なカメラバッグを遂に見つけたので購入してみました。知る人ぞ知るオシャレなカメラバッグメーカーのMOUTHのカメラバッグです。

カメラバッグに見えないオシャレなカメラバッグ

カメラバッグに見えないオシャレなカメラバッグを探してみつけたマウスのカメラバッグ

カメラバッグを探すとプロ御用達のいかにもなカメラ大好きな人たちが所有するようなカメラバッグばかりが見つかります。カジュアルで気軽に持ち歩きができるカメラバッグってなかなか無いのです。

気軽なスナップシューターである僕の用途ではカメラマン御用達な感じのカメラバッグではちょっと行き過ぎな感じがしてしまうのと、いかにもカメラバッグ然としたデザインが苦手で、もっと普通のバッグに見えるカジュアルなカメラバッグを探していたのでした。

あれでもないこれでもないと探し続けてようやく見つけたのがMOUTHという大阪のカバンメーカーの作るトートバッグタイプのオシャレなカメラバッグでした。

カメラバッグを探していた理由とカメラバッグの条件

カメラバッグを探していた理由

僕が写真を撮る一番の理由は子供の写真です。家族で遠出する時はもちろん、近所の公園に出かける時でも子供の写真を撮りたいと思っています。

そんなわけでお出かけの際にはいつもカメラを首から下げていたのですが、小さな子供を二人連れているとカメラが邪魔になります。子供を抱っこする際にも首から下げた状態だとブランブランして危ないですし、肩掛けしても両手が塞がることが多いのでカメラ自体の扱いが疎かになってカツンとどこかに当ててしまったりしてドキッとすることもあります。

このままでは遅かれ早かれでカメラは傷だれけになって壊れてしまうと思うようになったので、最近はリュックサックにカメラを入れて持ち運ぶようになっていました。

子供を連れて外出する際には着替えやおしり拭きなどいろいろと持ち運ばなくてはいけないものもあるのでリュックサックは必需品ですから、カメラも一緒にリュックサックに入れるようにしたというわけです。

しかしながらリュックサックはカメラバッグではないのでクッション性も低いですし、仕切りもないので中でカメラが転がってしまいます。ホコリまみれにならないようにカメララップで包んでからリュックサックに入れるようにはしています。

しかしカメララップで包むとカメラを取り出すのが面倒になるので写真を撮りたいなと思っても、結局何も撮らずに帰ってきたりするのです。

そんなわけで、カメラをちゃんと保護しつつも、カメラをササッと取り出してすぐに使用できるようなカメラバッグを探していたのでした。

カメラバッグをに求める条件

● 日常使い出来るデザイン
● リュックタイプではない
● カメラ用品以外のスペースもある
● 肩掛けまたはリュック的な使用もできる(2Way)
● しっかりとカメラを保護できる

日常使い出来るデザイン

カメラマン御用達のカメラ専用バッグは本気感が出てしまって子連れで公園などに行く時も、繁華街をカメラ片手にブラブラする時も浮いてしまうので、カメラバッグに見えないカジュアルなカメラバッグというのは絶対妥協したくない条件でした。

リュックタイプではない

リュックタイプは両手が自由になるので嫌いではないのですが、カメラをすぐに取り出せないのでNG。

カメラ用品以外のスペースもある

カメラ以外の荷物も収納出来ることも僕にとっては重要でした。子供を連れて出かける際にはカメラ以外の物が収納できるスペースは絶対に必要だからです。着替えやドリンク、途中で何か買ったりしたものやゴミなどを入れられるというのは非常に重要です。

背負えたり、肩掛けできたり

基本的には手提げで持ち歩くスタイルで良いのですが、肩に掛けたり斜めがけできたりすると両手が使えるようになるのでスナップ撮影もしやすくなります。

カメラを保護できる

カメラバッグですから撮影が終わった後はしっかりとカメラやレンズを保護しながら収納できるように緩衝材が入った仕切りなどが欲しいと考えました。

mouth カメラバッグ Delicious 106 TOTE

mouth カメラバッグ トート

僕がカメラバッグに対して求めていた条件を全てクリアしたカメラバッグだったのが今回購入したMOUTHマウスのカメラバッグの定番である Delicious 106 TOTE でした。

その名の通りカメラバッグとしては珍しいトートバッグタイプのカメラバッグです。

トートバッグはなんとなく女性の持つものというイメージがありますが、最近は男性でも持つ人が多いですし、何よりもカメラをサッと取り出してサッとしまえるという使い勝手の良さはトートバッグ以外にないんじゃないかと思い、購入を決定したのでした。

手提げ・片掛けの2WAY

手提げ・片掛けの2WAY

トートバッグタイプなので手提げが付いています。十分な長さがあるので腕を通して小脇に抱えるスタイルでも大丈夫でした。

肩掛け用のストラップも付属しているので両手をフリーにさせたい時などにも困りません。肩掛けするとバッグが良い具合に体にフィットします。

カメラバッグらしい厚手の生地

しっかりした厚手の生地

カメラバッグを置いた状態でも生地が曲がらず自立するくらいの厚手の生地でかなりしっかりしています。

普通のトートバッグではなかなか使わないレベルの厚手の生地で縫製も太い糸でされているので、カメラ機材などそこそこ重量のあるものを入れて持ち上げても持ち手が千切れたりすることもなさそうです。

色はレッドやグリーン、ナチュラル、スカイ、マスタードなど様々な色展開があります。明るい色は魅力的ですが、汚れが目立っても嫌だったので汚れが目立たない色を選択しました。

サイズ感

サイズはMを選択。一般的によく見る標準サイズのトートバックと思えば、大きさ的なイメージのズレは無いと思います。Mサイズはカメラの他にもいろいろと入れられるくらいに容量の余裕はあるので一泊旅行程度であれば他にバッグを持ち歩く必要もないと思います。

さらに上のLサイズは日常使いではちょっと大き過ぎるサイズだと思います。旅行用として使うならとても魅力的なサイズだと思いました。

細部にもオシャレ感があります

細部にもオシャレ感のあるカメラバッグ

細かい部分にアクセント的に革が使用されていたりしてオシャレな感じです。さりげなくオシャレ度を上げる感じでセンスが良いですね。

内ポケット

バッグ内側のファスナーをめくると両サイドにポケットがあります。小物や財布などバッグの中ですぐに見つけたいものを入れておくのに便利そうです。

ちなみに内ポケットにはOSAKA MADE 日本製と書かれたタグが付けられています。

外ポケット

外ポケット付きカメラバッグ

バッグの外側の片面にはサイドボケットが付いています。サイドポケットは3つの部屋に分かれていて、真ん中のポケットにはボタンが付いています。

スマートフォンやペットボトルを入れておくのに丁度良い大きさのポケットなので便利に使えそうです。

ファスナー付き

ファスナー付きカメラバッグ

トートバッグの蓋はファスナーがあるので使用しない時には閉めておけます。中身が見えないのでスリなどの防犯対策としても有効そうです。

インナーバッグ

インナーバッグ

実はカメラバッグとして使用するためには別売りのインナーケースを購入する必要があります。

折りたたみできるカメラケース

インナーバッグは折りたたみ式です。カメラを持ち運ばない時は折りたたんでコンパクトに収納できるので、バッグを純粋なトートバッグとして使用することもできます。2Wayならではの便利な使い分けが出来そうです。

カメラインナーケース

インナーケースは本体と着脱可能な仕切りが2枚あります。

カメラインナーケース

インナーケースを組み立てるとこんな感じの船型になります。ミラーレスカメラであれば余裕のサイズだと思います。レンズを取り付けた本体と、交換用レンズを1本持ち歩けるくらいが目安です。

カメラインナーケース

組み立てたインナーケースをトートバッグの中に入れました。
トートバッグには底板があってマチも十分なので他のメーカーのインナーバッグを使用することもできると思いますが、純正品の方が収まりも良くておすすめです。

上記写真でインナーバッグ内の青く見えるものはターポリンと呼ばれる防水生地です。防水生地を使用することでカメラバッグ内部まで濡れてしまわないようになっているので雨が降ってきても安心です。

インナーバッグをトートバッグの中に入れるとオシャレなカメラバッグが完成します。青いターポリンのせいか、バッグの中でインナーケースの船が水に浮かんでいるようなイメージで可愛いです。

カジュアルでカメラバッグに見えないトートバッグタイプのカメラバッグまとめ

カメラバッグを探してみるとカジュアルなバッグは意外と無いんです。

Peak Designのカメラバッグなんかはカッコ良いので欲しいのですが、フォーマルな感じがし過ぎて「意識高いカメラマン」って感じなので日常使いという感じではありません。

どうしてこんなにもカジュアルなカメラバッグが無いのだろう?と考えてみた答えとしては、以前ほどカメラが売れなくなっている現状が関係しているように思えます。

今やほとんどの人がスマートフォンで写真を撮りますから、ミラーレスや一眼レフなどのレンズ交換式カメラで写真を撮るような人は必然的に本格的に写真を趣味にするような人かプロのカメラマンしかいなません。それを考えるとカメラバッグもそういった人達のニーズにハマるようなものになってしまうのだろうなと。

そんな中でMOUTHマウスのトートバッグタイプのカメラバッグは、見た目は完全にカジュアルなバッグで日常使いでも違和感なく馴染みます。言わなければカメラバッグだと気付く人はいないかもしれません。

流石に本格的なカメラバッグほどの気の利いた機能やクッション性などはありませんが、ミラーレスカメラと交換レンズを持ち歩いて気軽にスナップ写真を撮りたいなと思っているような人が使うカメラバッグとしてはなかなか優れたカメラバッグだと思います。

実際問題でこのカメラバッグを買うまでの僕は、写真は撮りたいけどカメラを持ち歩くのは邪魔で嫌だなぁ思っていましたし、せっかくカメラを持って出かけてもリュックサックに入れていることが多く、撮りたいなと思うものがあっても背中からカメラを取り出すのが面倒で諦めてしまうことも多かったのです。

しかし、このトートバッグタイプのカメラバッグのおかげでカメラの持ち運びが楽になり、撮りたいものが見つかった時もササッとカメラをバッグから取り出して撮影ができるようになりました。

このカメラバッグを購入して以来、ちょっとしたお出かけの時でもカメラを持ち出して写真を撮りたいなと思えるようになり、本当に買って良かったと思える素敵なカメラバッグで、大変満足しています。

僕のと同じようなカメラバッグを探している人には是非使って欲しいおすすめのカメラバッグです。

-カメラバッグ・ケース

Copyright© カメラ三脚機材でGo! , 2020 All Rights Reserved.