カメラのこと写真のこと機材のこと

カメラ三脚機材でGo!

写真関係考察

お散歩写真を楽しむ為の軽装備を考える

更新日:

お散歩写真を楽しむ為の軽装備を考える

上手に写真を撮れるようになるためには、とにもかくにも沢山の写真を撮ることが大切で、そのためには、日頃からカメラを持ち歩いて写真を撮影する習慣を持たなくてはいけません。

しかし、レンズ交換式のカメラを持ち歩こうと思うと、コンパクトデジカメのようにポケットに突っ込んで持ち歩くということはできませんし、持ち運ぶ必需品も増えますから、あまり気軽な感じではなくなるのも実際のところではないでしょうか。

そんなわけで、撮影する用途や目的に応じて装備を考えるようになります。

僕自身、もともと荷物を持ち歩くのが好きではなく、カメラはおろかリュックなども持たず、手ブラで歩くのが好きなので、一眼カメラのようにカメラバッグを持ち歩くというのも正直な所で好きではありません。

なので、極力荷物を少なくできないと、写真撮影自体を楽しむことが出来なくなってしまうので、お散歩撮影では最低限の装備で出かけるようにしています。

そんな僕の日頃カメラを持ち歩く為のお散歩撮影用の軽装備について書いてみようと思います。

僕のお散歩撮影の装備の紹介

僕のお散歩撮影する際の装備

お散歩撮影の定義

お散歩撮影の定義としては、公共の交通手段や自動車などを使用しないで、家から歩いて移動出来る範囲で、お出かけ時間も半日程度の撮影です。

お散歩撮影の装備

ほぼ手ブラの状態です。僕が普段ご近所に出かけるの際に必要なのは財布と携帯だけなので、それにカメラが追加されただけの軽装備です。

カメラバッグは携行せず、肩掛けストラップでカメラを持ち運びます。

カメラストラップについて

ストラップはカメラを購入した時に同梱されていたメーカー純正の首掛け式のストラップを使用していましたが、使用していてストレスに感じることが多かったため、肩掛け式のストラップに変更しました。

使用している肩掛け式ストラップはpeak designのスライド SL-2で、いわゆる速写ストラップと言われる類のものです。

自由に長さ調節ができるストラップなので、移動中はしっかりと締め上げておけば、身体にフィットさせることができて歩いているときもカメラが跳ねたりしませんし、撮影したいと思う時にはストッパーを開放してスルスルとストラップを伸ばして撮影できるので非常に快適に撮影がおこなえます。

ピークデザインのカメラストラップに関してのレビューは下記の記事で詳しく解説しているので興味の有る方は参考にしてみてください。

参考 → ピークデザイン peak designのカメラストラップslide購入レビュー

カメラバッグやバッテリーなどの身の回り品

カメラバッグにカメラをカメラをしまうと、それだけで撮影が億劫になってしまうので、余程行き先に目的がなければカメラバッグにカメラを入れて持ち歩くことはありません。

フルカバーのカメラケースなどに入れてしまうのも、撮影中の保管場所に困ってしまうのでカメラは裸の状態です。同様の理由でレンズキャップもお散歩撮影では持たずに出かけます。

僕は動画の撮影はしないので、バッテリーの予備も必要なく、SDカードも1枚だけで充分なので、それらもカメラに装填しているもの以外を持ち歩くことはありません。

とにもかくにも身軽さが最重要なので必要最低限の装備しか持ち歩きません

もし仮にバッテリーが切れたり、何かトラブルが有った場合は撮影を諦めて帰宅することになります。

現在メインで使用しているカメラバッグもいわゆるカメラバッグではなくトートバッグタイプのものを使用しています。トートバッグタイプだとカメラをバッグにしまっていてもすぐに取り出せて撮影ができるというメリットがあります。

トートバッグタイプのカメラバッグについては下記の記事で詳しく解説しているので興味の有る方は参考にしてみてください。

参考 → カメラバッグに見えないトートバッグタイプのオシャレなカメラバッグを購入しました

軽装備での撮影のメリット

軽装備での撮影のメリット

カメラ以外を持たないスタイルかつ、肩掛けでボディにフィットさせているので、手ブラで歩いているのとほぼ変わらない感覚で撮影ができるのが最大のメリットだと思います。

カメラを持っているのを忘れてしまうくらいの安定感があるので、それこそどこかのお店に立ち寄ったり、気になるモノが見つかれば、すぐさま撮影できるなど、かなり気軽で、なるべく荷物を持ち歩きたく無い僕としては、最もお気に入りの撮影スタイルになります。

軽装備での撮影のデメリット

軽装備での撮影のデメリット

カメラを裸で持ち歩くことになるのと、あまりに身軽なため、時としてカメラの存在を忘れてしまうほどで、うっかりカメラをぶつけてしまうこともあります。

幸い今までカメラやレンズにダメージを受けたことはありませんが、フードは駄目にしてしまったことはあります。

一人でブラブラって時にはあまりそういう不注意はないんですが、小さい子供を二人も連れて散歩していると、カメラよりも子供の方に注意を払っているので、ついついカメラのことがお留守になってしまうのです。

かと言ってカバーやケースの類は、撮影したいと思った時にすぐに撮影できなくなってしまうため使用していません。

ちなみに、レンズフードを使用しているおかげでレンズを直接ぶつけることがなく何度も助けられています。レンズフードってレンズ保護の役割もあるんですね。

僕がお散歩撮影する際の軽装備まとめ

僕がお散歩撮影する際の軽装備まとめ

基本的に面倒くさがりの性格で、バッグやカバンを持ち歩くという習慣もほとんどないため、カメラ自体を持ち歩くのも実はあまり好きではありません。しかし、カメラを日常的に持ち歩くことをしないといつまでも写真は上達しないでしょうし、せっかく買ったカメラが無駄になってしまいます。

そんなこんなで、できるだけ軽装備で写真撮影が出来るようにと考えたスタイルが上記になります。軽装になればなるほど身軽な反面、不便の度合いは高くなりますが、そこはある程度割り切って、なるべく軽量な装備で撮影出来る方を優先しています。

最近はコンパクトデジカメにもAPS-Cなどの大きなセンサーが搭載されたカメラも増えていますし、お散歩撮影にはコンパクトデジカメを使えば良いじゃんというお話だったりもしますけどね、それはそれということで。

-写真関係考察

Copyright© カメラ三脚機材でGo! , 2020 All Rights Reserved.