カメラのこと写真のこと機材のこと

パパのカメラライフ

三脚

カーボン三脚 Leofoto LS-223Cレビュー

更新日:

カーボン製コンパクトミニ三脚のLeofotoのLS-223C

気軽に持ち運びできる小型で軽量な三脚を探していてたどり着いたのがLeofotoのLS-223Cと呼ばれるカーボン製のミニ三脚です。

Leofotoはまだ日本ではそれほど知名度は高くはありませんが中国メーカーながら高品質だと評価の高いメーカーです。

個人的には中国製の格安な製品では「安物買いの銭失い」を何度も経験させられているので、基本的にはなるべく避けるようにしているわけですが、知り合いの有名プロカメラマンからも「なかなか良いよ」というような評価を聞いていたので、これを機にLeofotoの三脚を試しに購入してみたというわけです。

実際に三脚を手にしてみたところで「あぁ、なるほど。これは確かに良いかも」と思えるような良さがあったので、このブログでも紹介させていただきます。

カーボン製コンパクトミニ三脚のLeofotoのLS-223C

カーボン製コンパクトミニ三脚のLeofotoのLS-223C

カーボン製コンパクトミニ三脚のLeofotoのLS-223は上記の通り、ギリギリ手のひらサイズと言えるくらいのコンパクトな三脚です。

基本スペック

メーカー: Leofoto レオフォト(中国)
品番: LS-223C (LSレンジャーシリーズ)
価格(税抜): 32,000円

全伸長: 368mm
最低高: 124mm
収納高: 250mm

段数: 3
重量: 720g
耐荷重量: 10kg

コンパクトなカーボン製三脚

コンパクトなカーボン製三脚

LeofotoのLS-223はコンパクトで軽量な小型三脚です。重量は720gなので、いわゆるコンパクト三脚と比べると重くなりますが、コンパクト三脚には不似合いな一般の三脚レベルのしっかりとした脚が付いています。またコンパクト三脚では有り得ない耐荷重量が10kgで一眼レフでも問題なく使用できることを考えると、かなり軽量な三脚になるかと思います。

これくらいのコンパクトなサイズだとわざわざカーボンにしなくてもそれほど重量は変わらないと思いますが、1gでも軽くしようというアグレッシブな開発姿勢が伺える三脚です。

脚の関節は3つ

三脚の関節は3つ

三脚の関節は3つです。それぞれを伸ばした状態で高さが368mmになり基本的にはローアングル撮影に使用するための三脚になると思います。

コンパクトなのでテーブル三脚として使用しても差し支えない大きさなので僕はテーブルフォトの撮影でもよく使用します。

自由雲台はLeofoto LH-25がベストマッチ(別売)

雲台はLeofoto LH-25がベスト

LeofotoのLS-223で使用する雲台はLeofotoのLH-25がベストだと思います。

もう少し小型のLeofoto MTB-19や、もう少し太めのLeofoto EB-36などでも相性が良い感じです。

自由雲台 Leofoto LH-25

造作も細かく非常に質感が良いです。耐荷重量は6kgなのでミラーレスカメラなどであれば十分ですし一眼レフカメラでも望遠レンズとかでなければ大丈夫な強度ですね。ちなみにアルカスイス互換です。

開脚

開脚

開脚は脚の付け根にあるパーツを引くことでロックを解除できます。シンプルな構造で解りやすいです。自動ロックも掛かるので、開脚の際に開放にしっぱなしでうっかり三脚を倒してしまうというようなこともありません。開脚角度は2段階で調整できます。

一段階

一段階開いた状態です。安定感が増すので重たいレンズなどを使用する際に良いかもしれません。

二段階

二段階で完全に脚が開いた状態になります。ローアングルの撮影が捗りそうです。

センターポール(別売)

センターポール

もう少し高さが必要だと思う場合は別売りのセンターポール(DC282-C)を使用すれば30cm余分に高さを出すことができます。

センターポール

センターポール、雲台などを合わせれば70cmくらいの高さまでカメラを上げることができそうです。

ディテール

ディテール

ディテールや質感はなかなか写真では伝えづらいところもあるのですが、東レの10層カーボンを使用した脚、留め具などのパーツ、ネジ部などの造作はしっかりとしてとても良い感じです。

ガタやバリ、隙間などもなく非常にカッチリとした印象です。パーツ部分はCNC削り出しで質感も非常に良いです。

三脚ネジ

三脚ネジ

三脚ネジ部分は二重構造になっていて、基本は3/8インチネジですが、ネジの外側部分が押し込めるようになっていて1/4インチネジにすることができます。変換アダプターも必要なくよく考えられている機構で非常に便利ですね。

中空構造

中央部分のパーツはCNC削りだしで作成した中空構造になっています。通常使用している時には見えないような部分でもしっかりと手抜きがないというところにモノづくりのこだわりが感じられます。

センターポールレスなので三脚を折りたたんだ時に一般的な三脚よりも細くなり、バッグに収納した際にも嵩張らないのが良いですね。

スパイク脚

スパイク脚

付属品としてスパイクが同梱されています。岩場など通常の石突では暗転させられないような場所ではスパイクがあるとカッチリと固定できるので大変助かります。

スパイク

スクリュー式なので通常の石突からスパイクへの交換も簡単です。

マンフロット PIXI EVOとの比較

マンプロットpixe evoとの比較

一眼レフも使用できるコンパクトミニ三脚の代名詞的な存在のマンフロットのPIXI EVOとの大きさの比較です。

ローアングル撮影の場合は同じくらいまで下げられますし、耐荷重量は段違いでLeofotoのミニ三脚のLS-223Cが強いです。重量の差は4倍ほどありますが使い勝手などを考えれば当然Leofotoのミニ三脚のLS-223Cの方が良いわけで、今後はマンフロットのPIXI EVOの出番は激減しそうです。

お気に入りのミニ三脚になりました

お気に入りのミニ三脚になりました

三脚に限らずですが、良いモノって観た瞬間や持った瞬間になんとなく「あ、これは良いモノだな」って判ると思います。その佇まいや質感などがや粗悪品とは全く違う感じがするのです。

で、こののLeofotoのミニ三脚のLS-223Cはまさに見た瞬間、持った瞬間に「あ、良いモノだな」と思わせてくれた三脚でした。

冒頭にも書きましたが、ここ数年、あらゆる分野で格安な中国製の製品が出回るようになり、僕自身も価格につられていろいろと購入してきましたが、最終的な結論としては、いくら人件費の安い中国でも一流メーカーと同等の品質にしようと思えば歩留まりやクォリティーコントロールが必要になり、結果的にはそれほど安く出来ないのだなとわかりました。

つまりは、格安で売られている製品は「安かろう悪かろう」な製品なので、信用するに値しないということになります。

そんなわけで僕はもう格安な中国メーカーの製品は基本的には手を出さないと決めているのですが、中にはこのLeofotoのようにしっかりと作り込んだ製品を提供する例外的なメーカーもあるので、そのあたりはしっかりと見極めていく必要があるのだなと思います。いくら中国製とは言え、きちんとしたモノづくりをしているメーカーは消費者として応援したいものです。

Leofotoの価格は一般的な中国メーカーと比べると高くはなりますが、しっかりした製品なので十分購入する価値があると思います。まだまだ日本では知名度の低いメーカーではありますが、興味のある方はおすすめしたい三脚です。上記の写真は専用のバッグです。しっかりとした生地で作られていて好感が持てますね。

関連記事

Lefoto(レオフォト)の製品に関する情報は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-三脚

Copyright© パパのカメラライフ , 2019 All Rights Reserved.