本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Leofoto インスパイア

マイクロ雲台 Leofoto MBC-18とRRS MICRO BALL HEAD BC-18

投稿日:

マイクロボールヘッド雲台 Leofoto MBC-18

マイクロボールヘッド雲台 Leofoto MBC-18

Leofotoのマイクロボールヘッド雲台の MBC-18は、小型の自由雲台で、マイクロ三脚などと組み合わせるのに便利な雲台です。

細長い楕円形の本体とレバークランプが備わっているのが特徴で、わずか83g、幅82mmという超小型でありがならも、耐荷重量は5kもあり、標準レンズを取り付けたフルサイズカメラでも使用できるというものです。

マイクロボールヘッド雲台 Leofoto MBC-18

ボールヘッド部分は、直径わずか18mmで、レバークランプはこのボールヘッドの固定で使用されれます。

マイクロボールヘッド雲台 Leofoto MBC-18

基本的には、マイクロ三脚やクランプなどと組みわせて使用することが想定されているようです。


created by Rinker
leofoto
¥14,000 (2024/06/20 10:28:45時点 Amazon調べ-詳細)

参考Leofoto MBC-18

RRS MICRO BALL HEAD BC-18

RRS MICRO BALL HEAD BC-18

アメリカの三脚機材メーカーのRRSにもマイクロボールヘッド雲台があります。

Leofotoのマイクロボールヘッド雲台と同じく、楕円形で、レバークランプを備えた雲台です。

RRS MICRO BALL HEAD BC-18

Leofotoのマイクロボールヘッドと同じくマイクロ三脚などと組み合わせて使用することを想定している雲台です。

写真はRRSのマイクロ三脚TFA-01と組み合わせています。

RRS MICRO BALL HEAD BC-18

ボールヘッドはLeofotoのマイクロボールヘッドと同じく18mmで、くレバークランプで固定する機構になっています。

違いは、Leofotoのマイクロボールヘッドは1/4"の雌ネジになっているのが、RRSのマイクロボールヘッドは1/4"の雄ネジになっているというところですね。

参考 RRS BC-18

-Leofoto, インスパイア

Copyright© 写真を趣味にする人のブログ , 2024 All Rights Reserved.